結婚準備相談室

花嫁花婿学習帳

「今さらちょっと人に聞けない」「正しいとは思うけどホントは不安…」
結婚準備をしていてそんな風に思うことはありませんか?
身に着けておくとスマートな印象を与える虎の巻を教えちゃいます

六耀(六輝)について

六耀(六輝)とは

六曜とは、六輝(ろっき)とも呼ばれ、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6つから成る暦の一種です。
私たちの生活の中ではカレンダーで確認することができますね。
起源は古く中国からとされ、鎌倉から室町にかけての時代に日本に伝わったとされています。
時代の流れとともに、読み方や意味合いが少しずつ変化して、今のカタチに落ち着きました。

現在、六耀(六輝)は、主に慶事・弔辞に関わる場面で使われます。
たとえば結婚式でば、「大安吉日」という言葉が示すように、「大安」は非常に縁起がいいとされるため、式の日取りにしたり、招待状の消印が大安となるように投函し、縁起を担ぐことが一般的となっています。
おめでたい日だからこその気配りですね。

六耀(六輝)の意味合い

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口それぞれの意味合いについて説明します。
結婚式の日取りは特に気にしていない花嫁花婿でも、知っておけば良い日と時間帯がわかるので参考にしてください。

大安
(たいあん)

六曜の中で一番良い日。すべてが吉となる日なので、結婚式や結納はこの日に行われる事が多い。

友引
(ともびき)

お昼時以外は吉の日。大安の次に良い日とされます。

先勝
(せんしょう/さきがち)

「先んずれば即ち勝つ」という意味で、午前中は吉、午後は凶とされます。

赤口
(しゃっこう/しゃっく)

午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまでの約2時間)のみ吉で、それ以外は凶とされます。

先負
(せんぷ/さきまけ)

「先んずれば即ち負ける」という意味で、急用は避けたほうがよいとされる日です。午前は凶、午後は吉とされます。

仏滅
(ぶつめつ)

六曜の中で最も凶の日。お祝い事を避ける習慣がありますが、最近では、結婚式に関しては「今後はよくなるばかり」として、仏滅にお式を挙げる事もあります。

結婚式での六耀(六輝)

結婚式は大安で、仏滅は避けることが一般的ですが、最近では、式場によっては仏滅割引などのプランもあり、ひそかに人気を集めています。
ただ、結婚式は花嫁花婿だけでなくゲストも参加する大切なセレモニーです。
親戚やご年配の方などが気にするようであれば、よく考えて両家が納得できる日取りにしましょう。


ご感想お寄せください

ニックネーム

このページの内容はお役に立てましたか?

ご感想をひとこと


  • コメント募集中
    • お問い合わせはこちらから
    花嫁花婿アンケート
    性別
    年齢
    結婚式の一番のこだわりは?
    • マイプリント
    • 婚礼印刷物専門店ペーパーコンシェルジュ