ペーパーアイテム準備マニュアル

スタイル別にわかる 選ばれる招待状文例集

結婚式の招待状の文章でみんな同じじゃないの!?
意外と知らない招待状の文章の選び方。
まずは、私たちの結婚式に合う招待状の文章を見つけてみましょう!

選ばれる招待状文例

招待状人気スタイルランキング!

招待状にスタイルがあるの??と疑問におもう花嫁花婿もいるでしょう。 招待状のスタイルは大きく分けて3つのポイントがあります。「差出人」「主体」「媒妁人」です。差出人は結婚式の主催を「両親」にするか「花嫁花婿」にするかによって決まります。主体は招待状の文章で案内する文章の主体が「両親」にす るか「花嫁花婿」にするかによって決まります。通常は主催者が主体となってゲストをご招待します。媒妁人は結婚式における仲人です。媒妁人を立てているときは、「○○夫妻のご媒妁より〜」と一文が添えるのが通常です。 この3つのポイントを元に、約40万組の花嫁花婿の招待状データを元に選ばれているスタイルで人気の招待状文例をご紹介します!!

差出人:花嫁花婿 招待状文章:花嫁花婿主体連名 媒妁人:なし
ご本人とご両親のお名前で出す文章です
赤字:花嫁花婿のお名前 青字:両親のお名前

皆様にはご清祥のこととお慶び申し上げます
このたび 私たちは結婚式を挙げることになりました
つきましては お世話になっている皆様をお招きして
心ばかりの祝宴をご用意いたしました
ぜひご出席くださいますよう ご案内申し上げます
伊 藤 直 樹
小 林 優 子

ご多用のところまことに恐縮に存じますが
若い二人のためにお励ましをいただきたく
私どもからもよろしくお願い申し上げます
伊 藤 秀 雄
小 林 正 彦

堅苦しくない分かりやすい文章が花嫁花婿に人気です。ゲストを結婚式 にお招きしたい…その心が伝わってくる文章ですね。
最後に両親から挨拶が添えられているので、格式にこだわる場合でも使えますね。

最新!招待状スタイル傾向

招待状の差出人は、両親が一般的でしたが、最近は花嫁花婿が差出人として招待状を送ることが多くなっています。
その場合は、招待状本文を両親と連名にしてゲストをお招きするのが人気です。親族などに対しても体面が保てますし、ある程度格式にこだわる場合にも両親のお名前が入るので安心です。昔と違って現在では、媒妁人を立てることが少なくなったので媒妁人「なし」の文章が上位です。招待状の文章自体、日ごろ耳慣れない難しい言葉ではなく、よく使う分かりやすい言葉でゲストに伝える傾向が増えています。

差出人:花嫁花婿 招待状文章:花嫁花婿主体 媒妁人:なし
ご本人のお名前で出す文章です

皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます
このたび 私たちは結婚式を挙げることになりました
つきましては 親しい皆様の末永いお力添えをいただきたく
ささやかですが 小宴をもうけました
おいそがしい中と存じますが
ご出席くださいますよう ご案内申し上げます

必要な内容を短く表した文章が花嫁花婿に人気です。いろいろな シーンに使える文章なので、スタンダードな披露宴だけでなく、結婚パーティなどにご利用できますね。新しい人生の最初の一歩を親しいゲストと一緒に過ごした…そんな想いが伝わってきますね。

招待状の文章の決まりごと

招待状の文章では、句読点「、。」は使用しません。句読点は切る、止めるの意味があり、慶祝印刷物では避けるといわれています。句読点のかわりに、一文字分のスペースを空けるようにしましょう。
そのほかに「重ね言葉」や「忌み言葉」など縁起の良くない言葉は避けるようにします。
<重ね言葉>再度、しばしば、またまた、かえすがえす、たびたび、かさねがさね…
<忌み言葉>終わる、切れる、離れる、失う、別れる、裂ける、絶える…

差出人:両親 招待状文章:両親主体 媒妁人:なし
ご両親のお名前で出す文章です
赤字:花嫁花婿のお名前 青字:両親のお名前

○○の候 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます
このたび 秀雄 長男 直樹 と 正彦 長女 優子
結婚式を挙げることになりました
つきましては 幾久しくご懇情をいただきたく
ささやかですが 披露をかねて粗餐をご用意いたしました
ご多用のところまことに恐縮ではございますが
ご出席くださいますよう ご案内申し上げます

必要な内容を短く表した文章が花嫁花婿に人気です。いろいろな シーンに使える文章なので、スタンダードな披露宴だけでなく、結婚パーティなどにご利用できますね。新しい人生の最初の一歩を親しいゲスト と一緒に過ごした…そんな想いが伝わってきますね。

招待状の書体の選び方

招待状にふさわしい書体は何でしょうか?通常では明朝や楷書、またペン字体もオススメです。 これらの書体はトメやハネなどの筆運びが感じられ、手書きの趣があります。明朝体は印刷用に作られた文字なので、読みやすさに優れています。楷書は毛筆のような強弱があり「暖かみ」や「柔らかさ」を感じさせます。ペン字体は、 手書きを感じさせる風合いが魅力的です。 反対にゴシック体はあまりオススメできません。ゴシック体はトメハネがなく、線が全て均一の太さに見えるような文字です。よく書籍などの、タイトルや註釈等に使われています。インパクトがあり分かりやすい文字ですが、文章として使うのにはあまり適しません。


ご感想お寄せください

ニックネーム

このページの内容はお役に立てましたか?

ご感想をひとこと


  • コメント募集中
    • お問い合わせはこちらから
    花嫁花婿アンケート
    性別
    年齢
    結婚式の一番のこだわりは?
    • マイプリント
    • 婚礼印刷物専門店ペーパーコンシェルジュ